ご飯が炊けたよ

無肥料・無農薬の自然米のご飯を中心に自然農法で作った野菜に加工品と調味料と自然のままの海産物と山菜だけで作った料理の備忘録です          

2021年04月

こんにちは

アサリの佃煮でおむすびを
作りました  (・ω・)

DSC_5480 (2)


おばちゃんの処では
北海道産のアサリが今
安く豊富です 

この安く豊富なアサリを
自然農法の調味料で佃煮にし

その佃煮でおむすびを握り
おむすび膳にしていただきました

DSC_5497 (2)

おむすび膳の味噌汁は
ワカメふきのとうの味噌汁

DSC_5487 (2)

おばちゃんの住んでいる
北海道のオホーツク海沿岸の
小さな町にも

春の日差しの下
ふきのとうが気持ちよさそうに
顔を出し始めています (*´ω`*)

まだ開ききっていない
蕾のふきのとうをつんで

軽く塩茹でにし
ワカメと一緒に味噌汁にしました

ふきのとうの苦みは
春の味

甘しょっぱい
アサリの佃煮の
おむすびと一緒に
美味しくいただきました




明治時代の食養研究家の
石塚左玄さんの有名な言葉に

春苦味・夏は酢の物・秋辛味
冬は油と合点して食え


とあります

春苦味」は
ふきのとうや菜の花などの
野草や山菜などアクのあるものは
冬の間にたまった脂肪分や老廃物を
排出してくれるそうです(●´ω`●)

自然は全てを
教えてくれているのですね





こんにちは

無肥料・無農薬の自然農法でできた
キャベツと新玉葱で酢味噌和えを作り
白ゴマをかけてみました  (*´ω`*)  

DSC_5429 (2)

緑の葉は玉葱の芽
芽も美味し~い

DSC_5447 (2)

自然米のご飯と
キャベツと新玉葱の酢味噌和えと
アサリの味噌汁で
一汁一菜

DSC_5438 (2)

アサリの味噌汁は
アサリから美味しい出汁が
いっぱい出るので

味噌は少なめにしました


酢味噌の味噌,砂糖,味醂,酢は
秀明ナチュラルファームの調味料です

春らしい一汁一菜で
とても美味しかったです

ごちそうさまでした(●´ω`●)




酢味噌和えに使った胡麻は
埼玉県の『香純のいりごま』を
使用しました(・ω・)

『香純のいりごま』の
ホームページで知ったのですが

昔,自給率100%だった胡麻は
今では0,1%未満
99,9%を輸入しているそうです

(知ってビックリです

無肥料・無農薬の自然栽培で自家採種の
国産の『香純のいりごま』は
台風に耐え雨や雹にうたれても
立ち上がる強さをもっているそうです

そんな強い胡麻(種)です

こんにちは

キャベツ納豆
一汁一菜を作りました

DSC_5155 (2)

キャベツ納豆
ダイエットや生活習慣病にいいと
いま流行っていますが

今回は体に良い
無肥料・無農薬の
自然農法のキャベツを千切りし

秀明ナチュラルファームの
納豆キャベツの上にのせました

DSC_5165 (2)

おばちゃんは今回は
キャベツ納豆
醤油をかけて頂きました (*´ω`*)

サクサクのキャベツ
ちょっとしょっぱい納豆ご飯

それを
チンゲン菜でとじた
味噌汁で一緒に頂きました

DSC_5160 (2)

秀明ナチュラルファーム北海道の
味噌で作った味噌汁

有精卵の自然のでとじた
甘く美味しい
チンゲン菜の味噌汁です

美味しくって
おかわりした味噌汁です




味噌汁は飲む点滴

と教えてくれたのは
若杉ばあちゃん





味噌は
日本人の体を養う礎
身体の基礎を築く食べ物だから
味噌=身礎


味噌の中で生きている酵母菌は
腸内の乳酸菌やバクテリアを繁殖させ

腐敗菌や有害物質を
体外に運び出し追い出す
毒消し・毒出しの役目を果たします

長崎に原発が落とされた時
味噌を食べて体から放射能を出し
何でもなかった人がいた事から

チェルノブイリ原発事故の時
日本から大量に味噌を送った話は有名だそうです

(この話は若杉ばあちゃんの)
(本を読むまで知りませんでした

当然福島にも送ったそうです

こんな身近な食品で
有害物質が体内から出るなんて
素晴らしい事ですね(●´ω`●)

 

こんにちは

塩と紫蘇しか使っていない
おむすびをにぎりました

DSC_5271 (2)


おむすびをのせている熊笹は
そこら辺の空き地などに自生している熊笹

(なんたって北海道の東の隅っこですから)
(熊笹は豊富にあります(`・ω・´)キリッ)

これに味噌汁と自然農法のほうじ茶で

DSC_5297 (2)

おむすび膳の出来上がりです

おむすび膳の味噌汁はというと

DSC_5284 (2)

 北海道産のとろろ昆布
秀明ナチュラルファーム北海道の味噌

刻んで冷凍してあった
自分で育てた無肥料・無農薬の
を散らした味噌汁です

おむすび膳の
無添加の
めちゃめちゃ美味し~い

酸っぱいはずの
ほのかに甘く感じるときがあります(・ω・)

そして味噌汁

自然農法の味噌をお湯で溶き
とろろ昆布を入れただけなのに
昆布の出汁が口の中に広がって美味~

とろろ昆布の味噌汁と
のおむすびとほうじ茶
美味しいおむすび膳でした (*´ω`*)  




今は亡き
青森のイスキアの佐藤初女さん

その初女さんが握ったおむすびを食べて
自殺を思いとどまった青年がいます

(そのおむすびの具は梅でした(*・ω・)ノ)

そのお話は映画
『地球交響曲(ガイヤシンフォニー)第二番』に
出てくるお話です

(残念な事に
(おばちゃんはその映画を観ていません(´・ω・`))

初女さんは
おむすびを作るとき

ご飯一粒一粒が呼吸できるようにと
思ってむすぶそうです



(詳しくはこちらの本で

食べ物で体や健康だけじゃなく
人の精神や感情をも変える事が出来

そして人生まで変えるだけの
力を持っているのですね (*´ω`*) 

こんにちは

今回の一汁一菜は
ひじき人参の煮物です

DSC_5355 (2)

無肥料・無農薬の畑でできた人参
乾燥ひじきで作った煮物

人参を千切りにし
なんとイタリア産の
オリーブオイルで炒めました

(輸入元は秀明ナチュラルファーム)

なんでオリーブオイルかというと
無添加の自然の油が今のおばちゃんの元には
オリーブオイルしかなかったからです(´;ω;`)

でもオリーブオイルであっても
油は油(`・ω・´) キリッ

油があるだけで
料理のレパートリーが増えます

水で戻したひじきを入れて
人参と一緒に炒めて
みりん・砂糖・醤油で味付けしました

オリーブオイルで作りましたが
なんの遜色もなく
美味しくできました(´ω`)

DSC_5380 (2)

ひじきの煮物の一汁一菜

甘しょっぱい
ひじき人参の煮物が
自然米のごはんを進ませてくれます(●´ω`●)

そして味噌汁です

DSC_5397 (3)

具は秀明ナチュラルファームの高野豆腐
おばちゃんが育てて冷凍してあった
ワカメの味噌汁です

普通の豆腐の方が美味しいのでしようが
無添加の自然の豆腐が
今回は手に入らなかったので
高野豆腐にしました

なんかインスタントの味噌汁の具のように
なってしまいましたが(´・ω・`)

自然の昆布と鰹節の出汁をとり
秀明ナチュラルファーム北海道の
味噌を使用しているので

美味しい味噌汁になりました (*´ω`*)





料理研究家で
NHKの初期の『今日の料理』で有名な
土井勝さんの次男である
土井善晴さんの著書

「一汁一菜でよいという提案」の中に


家庭料理は

ご飯を炊いて
菜(おかず)も兼ねるような
具沢山の味噌汁を作ればよいのです


という文があります

ご飯と味噌汁のすごいところは
毎日食べても食べ飽きないことです


とも書いてあります

様々な料理を作って紹介している
料理研究家の第一人者の言葉です

(詳しくは本をお読みください)

そして漬物や普通に美味しい料理に
(切り干しやひじき
ご飯と味噌汁の
一汁一菜でいいとあります

おばちゃんも食べ飽きない一汁一菜を
無添加の自然の食材だけで作りたいと思い
このブログを始めました次第です (*´ω`*)  

で,取りあえず今回食材が揃ったので
オリーブオイルでしたが・・・)
土井善晴さんの言っている

普通に美味しい料理
ひじきの煮物を作ってみました(●´ω`●)


↑このページのトップヘ